松本伊代さんも登場!「アイケア研究所」 有識者会議「眼から元気にプロジェクト」の集大成「アイケアフォーラム」へ行ってきました

書いた人:EYEdea編集部

「アイケアカンパニー宣言」を掲げるメガネスーパー主催し、「毎日の生活から学ぶアイケアの重要性と対策」「眼のお悩み・疑問に関するパネルディスカッション」の二部構成によるフォーラムが開催されました。

アイケアフォーラム

テーマは“眼から元気にプロジェクト”

「アイケアカンパニー宣言」を掲げるメガネスーパー主催、第一部「毎日の生活から学ぶアイケアの重要性と対策」と、第二部「眼のお悩み・疑問に関するパネルディスカッション」の二部構成により、日常におけるアイケアの重要性と具体的な実践について学べるフォーラムが開催されました。

第二部のパネルディスカッションではタレントの松本伊代さんが登場。一般の方から寄せられたアイケアに関する質問へ、北里大学北里研究所病院 眼科部長 川北哲也先生、日経BPヒット総合研究所 主席研究員 西沢邦浩さん、株式会社メガネスーパー取締役 束原俊哉さんと共に質問へ回答する形式で行われました。

スマートフォンが手放せない現代人に必要なアイケアとは

今やスマートフォンなどとは切っても切れない、密接した環境で我々は生活をしています。
インターネット環境が普及し、スマートフォンなどのモバイルデバイスが生活を便利にしてくれる一方で、今の世の中は「史上最悪の眼環境時代」とも言うそうです。このアイケアフォーラムは、私達のスマートフォンとの向き合い方、アイケアについて考える良い機会でした。

今回のフォーラムでは“ライフスタイルにおけるアイケア”という視点で日常生活から行うことができるアイケアが多く紹介されました。1日に2時間以上続けてスマートフォンを使用することを避けるべき、なるべく日光を浴びるべきなど、日頃から行える簡単なアイケアや、視力の悪化を抑制する方法について、北里大学北里研究所病院 眼科部長 川北哲也先生が、再現ビデオを交えてわかりやすく解説する講演を行われていました。

日常で気をつけることができるアイケアもありました!

寝起きに片目が見えなくなるスマホ盲目!?

しかし今やスマートフォンと縁を切る生活は考えられませんよね。そんな中でも行えるアイケアの方法が紹介されました。

みなさんは寝起きに一時的に片方の目が見えなくなる現象になったことはありませんか?筆者自身はよくなる現象で、失明したのかも?という恐怖に駆られます。この現象は“一過性のスマホ盲目”というそうで、暗闇の中でベッドに横になりスマホを見ることで片方の目のみが酷使され、起床時にもう片方の目と明るさを調整するために一時的に片目が見えなくなってしまう現象らしいのです。

筆者はてっきり日頃の疲れか何かだと思っており放置していましたが、今回のアイケアフォーラムで、寝る前スマホが原因でこのような恐ろしい現象が起きている可能性があるという事実を知り、ただただ反省しました。

寝る前のスマホはホルモン分泌を60%も阻害…

また、寝る前スマホは快適に眠るために必要な“メラトニン”というホルモンの分泌量を60%もをカットしてしまうのだとか!寝る前スマホはいいことがありませんね…。みなさんがこの事実を知ることで、寝る前スマホとの向き合い方を考えるきっかけになっていただければいいなと思います。

今回のアイケアフォーラムでは日常で活用できるアイケアの方法、専門医の先生によるわかりやすい解説など、一般の人でも非常にためになる話を沢山聞くことができました。メガネスーパーではこれまでも有識者会議を複数回に渡り実施してきましたが、一般の聴衆を招いての開催は初との事。なかなか眼の健康について学べる機会は多くないので、ぜひ次回の開催にも期待をしたいところです。